動画内製化イメージ

マガジン

企業のための動画内製化ガイド:コスト削減とブランディングの強化

現代のビジネス環境では、動画が重要なコミュニケーションツールとしての役割を担っています。製品紹介、顧客エンゲージメント、ブランド認知度の向上など、動画はマーケティング戦略において多岐にわたる用途で利用されており、その効果は計り知れません。多くの企業が動画制作を内製化する選択肢を検討していますが、内製化がもたらすメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。このガイドでは、動画制作の内製化の理由とその実践方法を深く掘り下げると共に、専門の映像制作会社に依頼する利点についても詳しく解説します。

動画内製化のメリット

動画内製化のメリット1:コスト削減

コストカットをイメージした画像

動画内製化によるコスト削減は、長期的なビジネス戦略として非常に効果的です。

長期的なコストカット

内製化の最初のステップとして、必要な機材の購入やスタッフのトレーニングがあります。初期投資は高いように見えますが、これにより、長期的には外部委託にかかる継続的な費用が削減されます。例えば、一度高品質のカメラや編集ソフトウェアを購入すれば、一般的な償却期間を考えても最低5年程度は使用可能であり、その間、外部の制作会社に支払う費用を節約できます。

効率的なリソース活用

自社で動画制作を行うことで、必要な時にすぐに制作を開始でき、プロジェクトごとのコストを削減できます。また、社内リソース(例えば、社員の特定のスキルや既存の機材)を活用することで、新たなコストを抑えることができます。内製化することで、外部ベンダーへの依存を減らし、コストをより詳細に管理することが可能になります。

継続的なプロセスの最適化

動画制作を社内で行うと、何が効率的で何がそうでないかについてのリアルタイムのフィードバックが得られます。これにより、無駄なプロセスを削除し、コスト効率の良い方法に進化させることができます。例えば、動画の撮影や編集プロセスにおける時間の浪費を削減するために、ワークフローを改善することが挙げられます。

再利用と再編集の容易さ

一度制作した動画コンテンツは、新しいキャンペーンや異なるプラットフォームでの再利用が可能です。これは、特に長期的に見ると、新たなコンテンツを一から作成するよりも大きなコスト削減につながります。社内で完全なコントロールを持っているため、過去の映像を素早く再編集し、新しい目的に合わせて再利用することが容易になります。

動画内製化のメリット2:ブランディングの強化

ブランディングをイメージした画像

動画内製化がブランディングに与える影響は計り知れません。自社で動画制作を行うことにより、企業はブランドメッセージの完全なコントロールを持つことができ、それによって一貫性と真正性を保つことが可能です。以下に、ブランディングの強化に対する内製化の具体的な利点を詳しく解説します。

ブランドメッセージの一貫性

ブランドの認識は一貫性によって強化されます。外部制作会社に動画を依頼すると、しばしばブランドの核となる価値やトーンが正確に伝えられないことがあります。しかし、動画制作を社内で行うことにより、企業はメッセージ、トーン、視覚的スタイルを完全に統制することができ、ブランドのガイドラインに沿って一貫性を保つことができます。この一貫性が顧客のブランドに対する認識と信頼を深めることに直結します。

真正性と顧客との関係

顧客は真正性を高く評価します。内製の動画は、企業が自らの声で直接話すことを可能にし、この真正性が顧客との強固な関係を築く基盤となります。社内の実際の人々やその日常が反映されたコンテンツは、顧客に企業の人間的な側面を見せ、より深い感情的な繋がりを生み出します。

フレキシビリティとイノベーション

内製化は、新しいアイデアやコンセプトを素早く試す機会を提供します。市場の変化に迅速に反応し、トレンドを取り入れたキャンペーンを即座に打ち出すことができます。この柔軟性が、ブランドを競合他社と差別化する重要な要素となります。また、内部スタッフが新しい技術やクリエイティブなアプローチを採用することで、ブランドが継続的に進化し、市場で新鮮さを保つことができます。

動画内製化のデメリット

メリット・デメリットについての画像

動画制作を内製化することには多くの利点がある一方で、いくつかのデメリットも存在します。このセクションでは、動画内製化が企業にもたらす可能性のあるデメリットに焦点を当て、それらの問題点を解説します。

高い初期投資

動画制作に必要な高品質な機材とソフトウェアは非常に高価であり、これに加えて適切なスキルを持ったスタッフのトレーニングや採用にも相当なコストがかかります。この初期投資は特に中小企業にとって大きな負担となり得ます。

技術的な課題と学習曲線

動画制作は複雑な技術を要するため、社内に専門知識を持つスタッフがいない場合、高品質な動画を制作することは困難です。最新のトレンドや技術を常に追いかける必要があり、これには継続的な教育と時間が必要です。学習曲線が急であり、すぐに結果を出すことは難しいかもしれません。

リソースの配分

動画制作を内製化すると、既存のリソースからの引き抜きが必要となる場合があります。これにより、他の部門の生産性が低下する可能性があります。特に小規模な組織では、限られた人員と予算の中で優先順位をつける必要があります。

維持と更新の負担

技術は常に進化しているため、使用している機材やソフトウェアを定期的に更新する必要があります。この維持管理と更新は、追加的な時間とコストを要求し、これが継続的な経済的負担となることがあります。

品質の一貫性の欠如

プロの制作会社は一貫した品質とクリエイティブなアウトプットを保証しますが、内製化する場合、チームのスキルレベルや経験のばらつきが品質に影響を与えることがあります。これはブランドイメージに負の影響を与えかねません。

動画内製化に必要な機材と技術

撮影機材のイメージ写真

必要な機材のリスト

1. カメラ

動画内製化の第一歩として、適切なカメラの選定は非常に重要です。企業が発信する映像である以上、ある程度のクオリティを確保する必要がありますので、高解像度のビデオが撮影できるDSLRやミラーレスカメラが推奨されます。例えば、Canon EOS R5やSony α7 IIIは、プロフェッショナルクオリティな画質であることと、多様なレンズとの互換性もありますので、撮影条件に応じて適切な設定を選ぶことが可能です。

2. マイク

映像のクオリティは音声で大きく左右されると言っても過言ではありません。クリアでプロフェッショナルなオーディオ品質を確保するためには、高品質なマイクが必要です。ラベリアマイク(ピンマイク)は、インタビューやプレゼンテーションに適しており、Rode Wireless GO II などがおすすめです。また、環境音を効果的に拾うショットガンマイクも、多目的に使用できる選択肢の一つです。

3. 照明機材

照明は動画の品質を大きく左右します。基本的なソフトボックスセットやリングライトは被写体を均等に照らし、影を最小限に抑えるのに役立ちます。NeewerやGodoxから発売されている照明セットは、多様なシチュエーションに対応可能で、初心者でも扱いやすい機材です。

4. 三脚やジンバル

安定した映像を確保するためは、信頼性の高い三脚が必須です。ManfrottoやGitzoの三脚は耐久性が高く、様々な撮影条件に対応します。また、会社紹介やインサートカットなどで動きのあるショットを撮影する場合は、DJI Roninなどのジンバルを使用することでスムーズで滑らかなプロフェッショナルライクな映像を撮影することができます。

推奨するソフトウェア

1. 編集ソフトウェア

Adobe Premiere Proは業界標準とも言えるビデオ編集ソフトウェアで、高度な編集機能を提供します。Final Cut ProはMacユーザーに人気があり、直感的なインターフェースと高速なレンダリングが特徴です。DaVinci Resolveはカラーグレーディングとオーディオポストプロダクションの強力なツールを備えており、一つのソフトウェアで多角的な編集が可能です。

2. アニメーションとグラフィックス

Adobe After Effectsは動的なエフェクトやアニメーションを追加するための強力なツールです。Blenderは3Dアニメーション作成に優れた無料ソフトウェアで、小規模なスタジオでもプロフェッショナルな結果を出すことができます。

3. 音声編集ソフトウェア

Audacityは無料で利用できる音声編集ツールで、基本的なオーディオのカット、ノイズリダクション、エフェクトの適用が可能です。Adobe Auditionはもっと高度なオーディオ処理機能を求めるユーザーに適しており、多チャンネルオーディオ編集や詳細なオーディオ修復オプションを提供します。

また、iZotope RX10は強力なノイズリダクション機能を持ったソフトで、インタビュー音声のノイズや、環境ノイズなどを強力に除去することが可能です。

必要な技術スキル

動画制作には、カメラ操作の基本から高度なポストプロダクション技術まで、幅広いスキルが求められます。これらのスキルを習得するためには、オンラインコースやワークショップを利用するのが有効です。例えば、Udemyでは、初心者向けから上級者向けまで、多様な動画制作コースを提供していますし、ストアカなどのプラットフォームを使用し、スポット的に学習するのも効果的です。これらにより、社内のスタッフが必要な技術を効率的に学び、実践することが可能です。

動画制作会社へ依頼するメリット

動画制作会社のイメージ写真

動画制作の内製化が持つ多くの利点は明らかですが、専門の映像制作会社に制作を委託することにも大きなメリットがあります。以下にその主な利点を挙げ、それぞれを詳しく掘り下げます。

  1. 専門技術と経験

    専門の制作会社は、さまざまな業界やプロジェクトに対応した豊富な経験と高度な技術を持っています。例えば、映画業界やCM制作での経験を生かして、視聴者の注意を引く独創的な映像を制作することが可能です。また、技術的な問題や具体的なデザインの課題に対しても、その専門知識を利用して高品質の動画を確実に制作することが可能です。

  2. 高品質な成果物

    プロの制作会社は最新のトレンドと技術に精通しており、クリエイティブで競争力のあるコンテンツを提供することができます。最新の映像技術や編集技法を駆使して、市場において目立つ内容を制作することができるため、視聴者に強い印象を残すことが可能になります。

  3. 時間とリソースの節約

    制作作業を外部に委託することで、社内のリソースを他の重要な業務に集中させることができます。これにより、社内のスタッフがその専門分野で最も価値のある仕事に専念できるようになります。特にリソースが限られている中小企業にとって、この利点は計り知れません。

  4. スケーラビリティ

    大規模なキャンペーンや複数の動画が必要な場合、専門の制作会社はそのニーズに応じて容易にスケールアップできます。例えば、一斉に複数の新製品を市場に投入する際に、短期間で複数の高品質な動画を制作する能力は、内製化ではなかなか実現が困難です。

  5. リスクの軽減

    専門の制作会社はプロジェクト管理と品質保証のプロセスを確立しており、計画外の問題が発生した場合でも迅速かつ効果的に対応が可能です。これにより、期限遵守や予算オーバーといったプロジェクトのリスクを大幅に軽減できます。

  6. 法的な保護と知的財産の管理

    著作権や契約に関する法的な問題は、専門の制作会社が適切に管理します。これにより、企業は著作権侵害などの法的なトラブルから保護され、安心して映像制作を外部に委託することが可能です。また、契約に基づいたクリアな取引が保証されるため、両者の間での信頼関係も強化されます。

まとめ

まとめをイメージした画像

このガイドでは、動画制作の内製化がもたらすメリットとデメリット、動画制作の内製化のための機材と技術について解説しました。

内製化により、コスト削減とブランディングの強化という二つの主要なメリットが得られることが明らかになりました。長期的なコスト削減、効率的なリソース活用、再利用と再編集の容易さがコスト面での利点をもたらし、ブランドメッセージの一貫性保持や真正性を通じて顧客との強固な関係構築が可能になることでブランディングの強化にも寄与します。

一方で、高い初期投資、技術的な課題、リソースの配分、維持と更新の負担などのデメリットも存在します。これらの問題は特に中小企業にとって大きな障壁となりうるため、内製化の選択は慎重に行うべきであると考えます。

最終的に、企業は自社のリソース、スキル、市場の要求を総合的に評価し、動画制作の内製化が長期的な企業戦略に合致しているかどうかを判断する必要があります。また、内製化が適切でない場合や特定のプロジェクトにおいて高度な専門性が求められる際は、専門の動画制作会社に依頼することも有効な選択肢の一つであると考えます。

無料相談・無料見積もりはこちら 

インタビューのイメージ
参考採用成功を左右する!社員と社長のインタビューが採用動画に必要な理由

採用プロセスは企業の未来を形作る重要なステップです。デジタル化が進む現代において、採用動画は企業が候補者に自身を効果的にアピールするための強力なツールとして注目されています。特にコロナウイルスの流行に …

続きを見る

マーケティングイメージ画像
参考動画マーケティングの効果測定:成功への道標

現代のデジタルマーケティング戦略では、動画コンテンツが中心的な役割を果たしています。企業は消費者の注意を引き、ブランドメッセージを効果的に伝えるために、ますます動画を活用しています。ただし、動画の制作 …

続きを見る

RECOMMEND

-マガジン
-, , , ,