ブログ

採用映像制作でよくある失敗とその解決策

現代の採用活動において、映像は非常に有力なツールであり、COVID-19の流行によりその流れは以前に増して加速しています。映像は、視覚的な情報を豊富に伝えることができ、また、人々の感情に直接訴えかける力を持っています。その一方で、映像制作には特有の課題も存在します。特に採用映像は、会社の魅力を的確に伝えるとともに、求職者に対して誤解を与えないようにしなければならない難しさがあります。

この記事では、採用映像制作でよくある失敗とその解決策について解説します。成功する採用映像を作るためのポイントを理解し、より質の高い採用活動を展開しましょう。

目次

メッセージが不明確

企業の採用映像が求職者にとって魅力的であるためには、その映像が何を伝えたいのかが明確でなければなりません。映像制作の際にしばしば見受けられる失敗の一つは、そのメッセージが曖昧である、または全く存在しないことです。この結果、視聴者は映像を見ても何を感じ、何を思うべきかがわかりません。最悪の場合、企業が何を価値とし、何を求めているのかを理解できないため、求職者は応募の意欲を失う可能性があります。

解決策

自社が求める人材像とその人材に対して伝えたいメッセージを明確にし、そのメッセージを映像でどのように表現するかについて具体的な企画を練ります。たとえば、「新しい挑戦を恐れない人材を求めています」というメッセージを伝えたい場合、社員が新しいプロジェクトに挑戦する様子を描写したり、新しいアイデアを提案して成功を収めたエピソードを紹介したりすることで、求職者にそのメッセージを理解してもらうことができます。

作り手の視点ばかりになる

映像制作を行う際、企業は自分たちの良さを強調し、ブランドイメージを向上させたいと考えがちです。しかし、それが行き過ぎると、制作する映像は企業の視点、価値観だけを反映するものになり、求職者の視点が無視されてしまいます。結果として、企業は自分たちが素晴らしいと思っている点を強調しても、それが求職者にとって魅力的でなければ、映像はその目的を果たすことができません。

解決策

映像制作の企画段階で、求職者が何を知りたいのか、どのような映像に興味を持つのかをしっかりとリサーチし、その情報を基に映像のストーリーテリングを行います。求職者が関心を持つかもしれないテーマについて、現場の社員にインタビューを行う、実際の仕事風景を撮影するなど、求職者の視点を取り入れた映像作りを心掛けます。

現実とギャップがある

採用映像は、求職者に企業の魅力を伝える手段であり、そのためには職場環境や企業文化を良く見せる工夫が施されます。しかし、映像が描く理想的な職場環境が現実と大きく異なっていた場合、新入社員が入社後にギャップを感じてしまうことがあります。これは、結果的に新入社員の早期離職を引き起こす可能性があり、企業の採用努力を無駄にするだけでなく、企業の評判を下げることにもつながります。

解決策

現場の社員の生の声を映像に取り入れ、実際の仕事の様子や企業文化を正確に伝えます。例えば、仕事中の社員のリアルな表情やコミュニケーション、オフィスの雰囲気などを映像に盛り込むことで、より現実的なイメージを提供できます。新入社員の1日を追ったドキュメンタリー形式の映像なども効果的です。

製作技術の不足

映像制作は専門的な技術と知識を必要とします。カメラワーク、照明、編集、音響、グラフィックなど、映像制作には多くの要素が絡んでいます。これらを適切に組み合わせて魅力的な映像を制作するには、深い理解と豊富な経験が必要です。企業が自社で映像を制作する場合、特に小規模な企業では、これらの要素を全てカバーするのは困難です。また、プロの技術を持たない者が映像を制作すると、その品質は低くなりがちです。これは、映像が乏しく、視聴者の注目を引くことができず、求職者に対するメッセージがうまく伝わらない可能性があることを意味します。

解決策

映像制作は、様々な専門技術を必要とします。そのため、専門的な映像制作の経験が乏しい企業が自社で映像を制作しようとすると、必要なクオリティに達しないことがあります。こうした問題に対する最善の解決策は、プロの映像制作会社に依頼することです。

プロの映像制作会社には専門的な知識と経験があります。それらを活用して、企業が伝えたいメッセージを効果的に表現する映像を作ることができます。また、映像制作会社は最新の映像制作技術やトレンドを把握しているため、現代の求職者が期待するクオリティの映像を作ることが可能です。

映像制作会社を選ぶ際には、その会社のポートフォリオを確認し、自社のイメージに合う映像を制作できるか評価することが重要です。また、過去に制作した映像がどのような反応を得たか、どの程度の効果を上げたかを確認することもおすすめです。これらの情報を基に、最適な映像制作会社を選び、自社の採用映像制作を依頼します。

最新の採用トレンドを反映していない

採用市場は常に変化しており、新たなトレンドが次々と現れます。例えば、新卒一括採用から年間採用への移行、ウェブ面接の普及、D&I(多様性と包摂性)への注目など、近年では多くの新しい動きが見られます。

こうした最新のトレンドを採用映像に反映することで、求職者に対して現代的で進歩的な印象を与えることができます。逆に、最新のトレンドを無視した古いスタイルの映像を制作し続けると、企業が時代遅れであるという印象を求職者に与えかねません。これは特に、新しいことに敏感な若い世代の求職者にとっては大きなマイナスとなり得ます。

さらに、最新のトレンドを反映させることは映像の内容だけでなく、その配信方法にも関わります。例えば、SNSや動画共有サイトなど、若い世代が頻繁に利用するプラットフォームを活用することも重要です。

また、求職者のニーズや価値観も変化しています。例えば、働き方改革の進展に伴い、ワークライフバランスや自己実現の重視など、昔とは違った求職者の要望が増えています。映像がこれらの変化を反映していないと、求職者とのコミュニケーションがうまくいかず、映像の効果を最大限に発揮することができません。

解決策

最新の採用トレンドを反映させるためには、定期的な市場調査とターゲット理解が必要です。それに基づき、映像の内容と配信方法を更新し、求職者のニーズに合致したものにすることが重要です。こうすることで、自社が進歩的で現代的な印象を求職者に与え、より多くの人々に自社の採用映像を見てもらうことができます。

まとめ

映像制作における一般的な問題とその解決策を考察しました。適切なターゲット設定で共感を促し、明確なメッセージで強い印象を与えること、技術的な不足を補うための教育や外部の専門家との協力、そして最新の採用トレンドを反映させるための市場調査とターゲット理解が必要です。これらを実行することで、効果的な採用映像を制作し、優れた人材の採用につなげることが可能になります。

私たちは、効果的な採用映像の制作に精通しており、お客様にとって最良の解決策を提示することができます。私たちのサービスやプロセスについてさらに詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。専門家があなたの質問に迅速に対応し、あなたのビジネスに最適な解決策を提案します。お待ちしております!

お問い合わせはこちら

RECOMMEND

-ブログ
-, , , , , , , ,