出張撮影で失敗を避けるためにするべきこと

更新日:

カメラマンのマッチングサービスは数多くありますが、「頼んで失敗した」、「思っていた写真と違う」なんてこともあるのではないでしょうか。一生に一度の行事やイベントで、そのような失敗は絶対にしたくありませんよね。今回は、出張撮影の失敗を避けるためにすべきことをまとめてみました。

出張撮影のカメラマンとして大切なこと

カメラマンは、少なからず自分のこだわりを持って撮影に望みます。自分の作品であれば個性を存分に出せばよいのですが、依頼を受けて撮影する写真に関しては、お客様の要望が第一になります。写真として高いクオリティを維持しつつ、お客様の要望を取り入れることが重要だと考えています。

出張撮影の盲点

出張撮影のマッチングサイトなどが急激に増えている中で、撮影するカメラマンはベテランばかりではありません。元々プロで活動されている方もいれば、趣味の延長線上で副業として撮影している方もいます。

撮影に慣れていない副業カメラマンの場合、撮影という行為自体が目的になってしまいお客様の意図を汲み取った写真を提供できない場合があります。せっかくの行事やイベントですから、そのような自体は絶対に避けたいところです。

出張撮影の失敗を避けるために

ここまで出張撮影のリスクをお伝えしましたが、回避策はもちろんあります

カメラマンに事前に要望を伝えておく

失敗を避けるための策、それはカメラマンと事前にしっかりと打ち合わせしておくことです。とても簡単なことですが、以外にできていないカメラマンが多いのも事実です。そんな慣れていないカメラマンには、依頼者側から積極的に要望を伝えることが大切です。

カメラマンとして活動しているくらいですから、写真が得意なのは間違いない(はず)ですので、しっかりと要望を伝えることで写真の仕上がりを大きく変えることができます。

カメラマンに伝えるべきこととは

では実際にどのようなことを伝えておけばよいのでしょうか。

1.撮影場所

当たり前だと思われるかもしれませんが、重要な項目の一つです。大雑把に伝えるよりは、なるべく詳細に伝えるほうが効果的です。「〇〇を背景に撮ってほしい」、「〇〇神社の本殿前」など言っておくと良いでしょう。カメラマンは、常に光の入り具合や当たり方などを意識して撮影していますので、詳細な場所を伝えることで事前にイメージしやすいのです。

2.撮影対象人数

撮影対象の人数によって使用するレンズなども変わってきます。集合写真などを撮る予定があるのであれば、大まかな人数は伝えておく必要があります。

3.写真のイメージ

写真のイメージを正確に伝えることで、仕上がりに大きく影響してきます。とはいえ、言葉にすることが難しいという方も多いと思います。そこでおすすめする方法は、サンプル写真を渡すことです。出張撮影のマッチングサイトなどには、多くのサンプル写真が存在します。カメラマンに伝える際に、「この写真のように」といえば問題ないでしょう。

写真によっては特殊な技法が必要な場合もありますので、事前にイメージする写真を撮影することができるのか確認できるという点でもおすすめです。

まとめ

カメラマンによって得意な写真、不得意な写真が存在します。自分の望む写真が撮れるカメラマンなのか事前に確認しておくことはとても大切なことです。前述の3つの事項を伝えるだけでも、カメラマン任せにするより自分の望む写真に大きく近づけることができますので、ぜひカメラマン選びの際に実践してみてください。

FORPIXでは、お客様の要望を第一に考え出張撮影や映像制作を行っています。ぜひ、カメラマンが必要な際は候補として検討していただけると幸いです。

撮影料金の確認はこちら

問い合わせはこちら

【出張撮影のご依頼】東京ドームで草野球の撮影をさせていただきました!

発表会の出張撮影をオススメする3つの理由!

-写真撮影
-, , ,

電話で問い合わせる

Copyright© 出張撮影・映像制作のFORPIX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.